ひとりごとですけども

ひとりごとをひとり呟く場所

旅行記っておもしろい。

年齢や環境、性格が自分と異なる人の描いている文章というだけで面白いのに、見知らぬ土地で知らないことをしているのが本当に面白い。

ぼくはいつでもどこかに行きたいのだ。今すぐにでも。旅行記は少しだけその気持ちを満たしてくれる。

新しい旅行の予定が決まると、またすぐにでも飛び立ちたくなる。長期の休みに誰にもはばからずにゆっくり過ごしたいのだ。急な呼び出しにも応じたくないし、働きたくもない。それも、正当な理由で。

海外旅行は、お金がないと楽しめないとも思う。それが無理やりにでもぼくを働かせる。働かない時間を得るための、労働時間が必要になる。矛盾しているようだけどぼくにとって旅行はしなければ楽になれるのに手放せないものなのだ。

ぼくは全然見ず知らずの人に喜びを発信しようと思わない。でも友達がぼくが書いた旅行記を読んでくれたら、それってとっても素敵だと思う。